YouTube動画は毎日更新が必要なのか

投稿日:

「YouTube動画は毎日アップしないと登録者数が増えない」「再生回数を増やすには毎日の更新が必要」こんなふうに思っていませんか。しかし、実際には毎日更新していなくてもチャンネル登録数が多く、収益を出している人もいます。
ここでは、毎日更新が必要なのか解説をしていきます。

●毎日更新するメリット
・チャンネル登録者との関係
チャンネルに登録している人たちは、あなたの動画を待ち望みにしています。好きなブロガーがいる人は、毎日ブログを除いていませんか。YouTubeもそれと同じで、好きなチャンネルがあれば新しい動画を見たいと頻繁にチャンネルを確認します。
そのため、月に1回の更新よりも3日に1回や1日1回の更新の方がチャンネル登録者を惹きつけます。
ユーチューバーの中には、毎週○曜日更新、毎日○時間更新と決めている人もいます。月刊雑誌を楽しみにしている人は、毎月の発売日を覚えていて、その日には書店に出かけていることでしょう。YouTubeも動画が更新される曜日や時間がわかっていると、更新を期待して見てくれる人が増えます。

・スキルが磨かれる
どのようなことでも練習するほどに上達します。YouTube動画もいくつも動画を作成していると、動画撮影方法や加工方法などコツがわかってきて、より分かりやすく、面白く、美しく見やすい動画を作れるようになってきます。

●アルゴリズムを重視
YouTubeが利用者の検索キーワードから検索結果の表示順序を選ぶ際に重視していることの一つが滞在時間です。チャンネル登録数や動画再生数も大切な要素ですが、特にチャンネルの滞在時間を重視しています。滞在時間が長ければ人気のあるチャンネルだとYouTubeが判断する指標の一つなのです。
つまり、毎日動画を投稿していてもチャンネル滞在時間が短ければ、YouTubeは重要だとみなしてくれない可能性があります。
ひとつの動画を作るためには、準備をしたり、撮影をしたり、加工をしたりなど時間がかかります。毎日動画を投稿するにはそれなりに時間と労力が必要で、続けるのは大変に感じてしまうことでしょう。
大変で面倒になると、次第に動画の質が落ちてきてしまうことになりかねません。すると、視聴者が離れていき、チャンネル滞在時間は短くなってしまう可能性があります。
たくさん動画を投稿することにはメリットもありますが、数よりも質を重視することが大切です。視聴者が喜ぶ動画を作るように意識してみましょう。